タイラー・コーエン 『インセンティブ 自分と世界をうまく動かす』

経済学エッセイというと、なんにでも市場主義を導入し、お金で解決すればいい結果になるのです、的なものが想像されそうだが、著者はそれは浅い理解だという。たとえば、子どもに小遣いをあげて家の皿洗いをさせるのはうまくいかないだろうというのだ。それは子どもの心理、何にインセンティブを持つかを本当によく考えていないことによる。子どもには、むしろ家族の一員であること、家族の義務を話してやらせた方がうまくいくだろうという。逆にお金を払った方がうまくいく場合はどんなときなのかも列挙されており、お金で解決というのは決して万能ではなく、効く場合と効かない場合があると書かれている。

いろいろなエピソードで、インセンティブのためには、その人の心理や価値観、暮らしている社会システムへの洞察が必要であることを書いている。経済学はインセンティブの学問だというのだが、話題は幅広くあちこちに飛び、体系だった事柄を述べる本ではないので、これが経済学というジャンルの本だといわれても、どうかなあという感じがする。むしろ心理学の本と言われた方が納得がいく。

美術館での絵画の楽しみ方は「自己愛(原語はミー・ファクターだそうだが、この訳語でいいのかどうか?)」を最優先にせよという。市場で売られる絵画には、実際に「自己愛」を反映した高く売れる絵の法則があるとか。小説や音楽、映画への「自己愛」の関わりも書かれている。映画や小説では、「自己愛」を発揮して、興味をひかれたものだけをつまんで残りを切り捨て、音楽に関しては「自己愛」をゆるめて、いろいろなジャンルに触れるのがよいそうだ。

シグナリングに関する記述は興味深い。シグナリングとは、コストのかかる行為でメッセージを伝えることだ。女性へのプレゼントが花束やダイヤモンドなど、実用性が薄いものであるのは、それがシグナリングだからだ。家庭内では、現金よりもシグナリングのほうが重要だという。カウンター・シグナリングというものもある。たとえば天才プログラマーが、就職の面接にノーネクタイで現れるようなことだ。

おいしい食事をするためのtipsの章も面白い。外食がおいしいのは、貧富の差が大きい国だという。一部の富裕層のために、安い労働力をふんだんに使えるからだ。アメリカの状況もこれに近く、たとえばアメリカのフランス料理店では移民のメキシコ人コックが働いている。ある街でおいしいレストランを探すのなら、賃料が安いと思われる場所に行くといい。

そのほか、寄付、チップ、プレゼントに関するコストとインセンティブとか。小ネタがたくさん拾えるタイプの本でした。