オバマ大統領の政策とHuman Rights Watch

ジャーナリストの常岡浩介氏とHuman Rights Watch日本代表の土井香苗氏のtwitter上の会話が興味深かったのでまとめてみました。

なお文中のICRCとは赤十字国際委員会、デマケとはdemarcationの意で役割分担、境界線等の意味だそうです。

発言の表示には、Twitterログまとめを利用させていただきました。ありがとうございます。

kanaedoi オバマ大統領のノーベル賞演説には、人権、国際人道法(戦争法、戦時国際法)への言及多数 link
shamilsh HRWはあのオバマの血まみれ平和賞の演説を翼賛するのか!アフガニスタンの米軍のどこに人道がある?RT @kanaedoi: オバマ大統領のノーベル賞演説には、人権、国際人道法(戦争法、戦時国際法)への言及多数 link
shamilsh ロイターは冷静。「米大統領がノーベル平和賞受賞、武力行使の正当性を主張」これを無条件で礼賛したHRWは人権組織として致命的じゃないか?あれは土井香苗さんの個人的見解?@kanaedoi http://bit.ly/6bKg0R link
shamilsh ぼくらナガサキ人にとって、核兵器が恐怖によって支配する世界はイマジンでもバーチャルでもなく現実だ。アフガン人にとってそうであるように。だが、本当は全人類にとってそうだ。<「正当な戦争」失望と憤り=オバマ氏受賞演説、被爆地に波紋> http://bit.ly/4thYUJ link
shamilsh 米国の政策を批判ができないのは組織の性格上の限界でしょうか。旧ソ連の人権監視はHRWの存在意義かつ独壇場のはずですから、がんばってください!RT @kanaedoi: 午前中、連載中のウェブマガジンでロシアの人権状況について原稿まとめ link
kanaedoi @shamilsh ありがとうございます。HRWがいちばん多くの人権調査と批判をしているのは米国です。報告書の数も他国と比較になりません。お時間あるときこちらご覧いただければ幸いです http://www.hrw.org/en/united-states/us-program  link
kanaedoi @shamilsh また、アフガンやイラクでの米英軍による民間人の殺害や拷問、グアンタナモなどの被収容者の虐待問題の告発などでも、フロントランナーです。多数の報告書、プレスリリース、論考など読みきれないほど発表してますので、いちどウェブwww.hrw.org お訪ねください link
shamilsh いつも拝見してますよー!「米国の政策」という括りは乱暴で不適切でした。基本的な戦争政策を批判しない、というべきでした。@kanaedoi: @shamilsh ありがとうございます。HRWがいちばん多くの人権調査と批判をしているのは米国です。 link
shamilsh @kanaedoi たとえば、典型的なのはこれですね。公正に効果的に対テロ戦争すべき、といってます。HRWの基本スタンスがこれですと、戦争そのものが根本的な原因となる人権侵害には無力ですね。http://bit.ly/6aQz4P link
kanaedoi @shamilsh: HRWは戦争では、民間人犠牲を避けるため国際人道法違反を監視し、違反者の訴追など目指します。国際人権法と国際人道法を監視するのがミッションの人権団体なので、具体的な戦争が適法か違法か、どちらが正しいかの立場は表明しません。国際赤十字とかアムネスティと同じです link
kanaedoi @shamilsh なので、米国の戦争の政策について、国際人道法違反や拷問など、実に多くの批判をしています。 link
shamilsh @kanaedoi そうですね。ICRCとはその点同じだが、ICRCが現地政権よりのスタンスに立つのに対し、HRWはやはり米国視点だと思います。どちらにも意義があり、得手不得手があると思います。HRWにはグアンタナモだけでなく、バグラム捕虜収容所などの実態についても告発して欲しい link
shamilsh @kanaedoi それにしても、今回のオバマの新政策は8年も続いた無意味な戦争を終結に導く最大のチャンスだったにも関わらず、HRWがそれを後押しする力になれなかったことは、組織の性格上の限界とはいえ、返す返す残念です。 link
kanaedoi @shamilsh HRWはすべての政府に同じ基準(国際法)を当てはめてます。米国政府がやっていることをほかの政府がやったら同じように対応します。アフガン戦争のやり方については、オバマ政権になってHRWは民間人被害の減少のための作戦変更とか、不十分ながら変わりました link
kanaedoi @shamilsh もちろん不十分なので、バグラムを含めこういう書簡とか出しましたがhttp://bit.ly/7sLmQ4 link
kanaedoi もし、@shamilsh さんがHRWがアフガン戦争反対と公式に言わないことについて御不満だとすると、人権団体という性格上、米国の戦争のみならずあらゆる戦争について立場を公言していないんです link
shamilsh @kanaedoi 直接、「戦争反対」といわないとしても、「人権保護」の主張の中でその根本的な原因が長引いた戦争であることを指摘することはできるはずです。オバマに「ルールを守って効果的に戦争しましょう」と提言するのは人権組織として終わってます。存在理由がない。ICRCもやりません link
kanaedoi @shamilsh 戦争をしましょうとは言わないです。テロは民間人を巻き込むので、テロを非難はしますが。ICRCもHRWも戦争の際には国際人道法をまもれ、という一点です。ICRCとHRWの違いは違反行為を発見したとき、これについて守秘義務をおうか、公に言うか、です link
shamilsh @kanaedoi それは詭弁です。「効果的に対テロを戦う」提言は中立ではなく、明確に戦争そのものを支持しています。アフガン人の大半に取ってはテロの定義すら米国とは正反対なのですが、HRWの定義は純粋に米国の立場です。 link
shamilsh そう。その点で、HRWに期待したいのです。RT @kanaedoi: ICRCとHRWの違いは違反行為を発見したとき、これについて守秘義務をおうか、公に言うか、です link
kanaedoi @shamilsh 米国にせよ、ビルマにせよ、ダルフールにせよ、ロシアにせよ、ある戦争が正しいか否か(自衛かどうか)という軍事的分析と判断は、HRWやアムネスティなどの人権団体や人道団体はミッション外でもあり、やらないんです link
shamilsh ですから、やらないはずのことをあなた方は事実上、やってるんですよ。しかし、その点も私は「限界だから仕方がない」と考えているのです。RT @kanaedoi: @shamilsh 米国にせよ、ビルマにせよ、ダルフールにせよ、ロシアにせよ、ある戦争が正しいか否か(自衛かどうか)という link
kanaedoi @shamilsh HRWが対テロ戦争を支持したことは一度もないです。ご指摘のレポートは、当選したオバマに、テロ(民間人を巻き込む重大な人権侵害)を撲滅するためには、ガンタナモを閉め、テロ容疑者への予防拘禁をやめ、そもそも「対テロ戦争」という言葉をやめ、拷問やめよ、というもの link
kanaedoi @shamilsh CAIの秘密収容所閉鎖などを求めるこのレポートの内容をもって、対テロ戦争を支持していると解釈されると、正直ちょっと、、、テロは人権侵害ですが、米国が率先して人権侵害しているようでは、テロを撲滅なんてできない、という内容です link
kanaedoi @shamilsh で、オバマ大統領は、HRWの提言のうち相当部分を取り入れました。とても十分とはいえませんが link
shamilsh @kanaedoi 拷問など分かりやすい無法行為を減らして、戦争そのものを拡大するという内容でしたね。それはHRWとしては提言が採用されたので成功、と評価しているのですか?米国視点の組織だからこそ、戦争の拡大が破滅的な人権侵害に直結するという警告を米国と米国民に届けられると期待し link
kanaedoi @shamilsh HRWなどの人権団体の限界は、戦争当事者の一方にとって、ある戦争が適法な自衛戦争なのかという軍事判断をしない点です。違法な戦争であれば、戦争そのものに反対するというロジックが立ちますが、人権団体としては、ジェノサイドや戦争犯罪などに反対してく方法をとります link
kanaedoi @shamilsh さん、 質問と批判、ありがとうございました。今度は、お会いしてお話いたしましょう!大事なご指摘ですので応えさせていたのですが、twitter より会って話したほうが数倍意思疎通早いですね、、、tiwtter オフライン失礼します link
shamilsh @kanaedoi 不勉強で不躾な批判に誠意を持ってお答えくださってありがとうございます。さすが土井さんです。ぜひ、お会いしてもっといろいろお聞きしたいです。 link